きょうの動意株

東和薬は業績再上方修正を追撃材料に3連騰

4553 東和薬品 株価チャート

 東和薬品(4553)は、寄り付き50円高の4330円と3営業日続伸し2月14日につけた昨年来高値4490円を射程圏に捉えている。高値後は、利益確定売りも交錯しもみ合いを続けている。23日に後発医薬品(ジェネリック)の使用促進に向け処方箋様式の再変更が伝えられ株価が急伸したが、大引け後には2007年3月期の再上方修正を発表、追撃材料となって信用好需給と相乗効果を発揮している。同社の3月期業績は、昨年10月に9月中間期・11月に通期業績を各上方修正したが、その11月修正値をさらに再増額した。売り上げは8億円、経常利益は10億4000万円、純利益は1億5000万円引き上げられたもので、純利益は24億円(前々期比2.3倍)と2期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大する。開業医・調剤薬局市場向けに市場開拓が進み、適正価格販売品の売り上げ比率の向上と有価証券利息・スワップ評価益の増加が重なり、減損損失をカバーして再増額となった。株価は、前回修正時から一気に1300円高しこの過程で強弱感も対立し、株不足となる好信用需給となっている。後発医薬品使用促進策もフォローし上値評価が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

東和薬 (4553)

ページトップ