きょうの動意株

築地魚市場は業績再上方修正に増配オンし反発

8039 築地魚市場 株価チャート

 築地魚市場(8039・東2)は、7円高の249円と小幅ながら変わらずを含み9営業日ぶりに反発している。前日に今年2月に続き2007年3月期利益の再上方修正と期末配当の増配を発表、低位値ごろに注目した割安株買いが再燃している。同社の3月期業績は、売り上げが2月予想を13億2900万円下回るが、経常利益は8億円、純利益は3億5000万円それぞれ上回り、純利益は13億円(前々期比2.8倍)と16期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大する。水産物卸売業の売上総利益率の向上と販管費削減が重なり、早期退職制度による特別割増退職金5500万円を売掛債権などの回収に伴う貸倒引当金戻入益5億9100万円でカバーし大幅再上方修正につながった。期末配当は、前々期実績・前回予想の3円から5円に増配する。株価は、前回業績増額時には窓を開けて急伸、290円高値まで買い進まれた。PERは再増額でわずか5倍台と超割安となるだけに、大きく底上げが期待される。

記事中の会社を詳しく見る

築地魚 (8039)

ページトップ