きょうの動意株

日電工は早くも今期業績を上方修正し急反発

5563 新日本電工 株価チャート

 日本電工(5563)は、23円高の739円と急反発し前日ザラ場につけた昨年来高値752円を意識する動きとなっている。前日の今12月期第1四半期(1Q)決算の開示に合わせて、前期と異なり早くも6月中間期・12月通期業績の上方修正を発表、厚みを増している信用好取組もフォローし鉄鋼関連人気が盛り上がっている。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想を27億円、経常利益が15億円、純利益が10億円それぞれ上回り、純利益は32億円(前期比3.0倍)と増益率を大幅に伸ばす。合金鉄事業で主力の高炭素フェロマンガンが国際市況の上昇を受けて販売価格が一段と改善しており、フレートやコークス価格の上昇などコストアップ要因をカバーして業績を押し上げる。同社は、昨年5月の前期1Q業績公表時に業績を下方修正、この時の6月安値282円から約1年かけて株価は2.6倍の大化けとなった。投資採算的にはPER25倍台と割高となるが、信用取組倍率が1倍割れと拮抗し逆日歩のつく好需給からなお上値示唆となっている。

記事中の会社を詳しく見る

新日本電工 (5563)

ページトップ