きょうの動意株

セコムは連続最高業績を買い手掛かりに5連騰

9735 セコム 株価チャート

 セコム(9735)は、350円高の5850円と変わらずを含め5営業日続伸となっている。9日に3月期決算を発表、前期は能美防災の連結子会社化による上方修正値を上回り初の経常利益1000億円台乗せを達成、今期もほぼ市場コンセンサス通りの連続の過去最高を予想したことが買い手掛かりとなっている。同社の前期業績は、昨年11月の上方修正値を上回り前々期比8%増収、6%経常増益、10%純益増益で着地し、過去最高を更新した。能美防災が連結子会社となったことから、新規部門の防災事業が第4四半期に売り上げで274億円、営業利益で20億円上乗せとなったほか、主力のセキュリティサービス事業がセントラライズドシステムを中心に順調に推移したことが寄与した。配当は、20円増配し年間80円とした。今3月期業績は、防災事業が通期寄与するほかメディカルサービス、保険など各セグメントとも伸び、売り上げ7040億円(前期比14%増)、経常利益1125億円(同9%増)、純利益633億円(同8%増)を見込み、純利益は市場コンセンサスをほぼクリアする。株価は、前期第3四半期業績が低進捗率にとどまったことなどから再度下値を確認する動きとなった。13週移動平均線から2%強のマイナスかい離となっており、主力株人気再燃で下げ過ぎ訂正に進もう。

記事中の会社を詳しく見る

セコム (9735)

ページトップ