きょうの動意株

TDKは連続の最高純益更新を買い手掛かりに5日ぶり急反発

6762 TDK 株価チャート

 TDK(6762)は、800円高の1万680円と変わらずを挟み5営業日ぶりに急反発している。前日に発表した3月期決算をポジティブに買い評価しており、今期予想純利益は市場コンセンサスを上回っている。同社の3月期業績は、前期が今年1月の上方修正値を上回り前々期比8%増収、34%税引前純益増益、59%純益増益と伸び、純利益は10年ぶりに過去最高を更新した。携帯電話、ノートパソコン、薄型テレビ向けに積層セラミックチップコンデンサなどの高機能・多機能電子部品の需要が拡大、電源事業での田淵電機との資本・業務提携、円安による約61億円の営業利益上乗せも加わり大きく伸びた。今期も、為替レートは1ドル=110円(前期実績116.97円)の円高を前提に続伸を見込み、純利益は720億円(前期比2%増)と過去最高更新を続け、市場予想平均を約30億円上回っている。株価は、1万円台出没の高値固め継続となっているが、PERが19倍台と市場平均を下回ることから再発進に弾みをつけそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

TDK (6762)

ページトップ