きょうの動意株

テーオーシーは改めてTOB価格にサヤ寄せし急反発

8841 テーオーシー 株価チャート

 テーオーシー(8841)は前場、58円高の1109円と急反発した。前週末18日にダヴィンチ・アドバイザーズ(4314・HC)が、正式に同社株式の株式公開買い付け(TOB)を発表、敵対的TOBに対する買収防衛策・株式争奪戦思惑が高まり、改めてTOB価格1100円が意識されている。テーオーシーは、4月6日に現経営陣による株式公開買い付け(MBO)、上場廃止を発表したが、グループ会社を通じて同社株式を約10%保有するダヴィンチは、このMBO価格800円が株主の利益を毀損するとして反対、TOB価格1100円でTOBを表明していた。これに対してテーオーシーは、ダヴィンチの法令遵守体制などへの質問書を送付していたが、前週末にダヴィンチが回答書を送付するとともにTOBを正式に発表した。買い付け期間は5月21日から7月18日までの42営業日、買い付け株式数は6844万500株(発行済み株式総数の50.001%)、買い付け代金は770億円を予定、TOB後も上場を維持する意向である。テーオーシーは、5月19日段階ではTOB開始後に関係法令に従い、速やかに対応するとしており、買収防衛策の発動から不成立に終わったMBOの価格引き上げ思惑なども高まり、株価を刺激することになろう。なおダヴィンチの前引け株価は、1000円安の12万8000円と続落した。

記事中の会社を詳しく見る

TOC (8841)

ページトップ