きょうの動意株

長谷工は24%純益増益予想をテコに安値水準から急反発

1808 長谷工コーポレーション 株価チャート

 長谷工コーポレーション(1808)は、17円高の389円と9営業日ぶりに急反発し、前日ザラ場につけた昨年来安値水準に並ぶ368円安値から再動意となっている。同社は、今年4月に昨年11月の上方修正から一転して前2007年3月期業績の下方修正を発表、株価は再び下ぶれた。前日発表の前期業績は、前々期比16%増収、18%経常増益と連続2ケタ増収増益と回復色を強めたが、純利益は減額通りに固定資産の減損損失195億円、工事代金請求訴訟関連の損失引当金繰入額78億円などの計上が響き29%減益となった。今期業績は、「都市型新産業」を目指してマンション事業への特化を進め、売り上げ7350億円(前期比1%増)、経常利益610億円(同3%増)、純利益420億円(同24%増)を予想している。株価は、優先株式の転換完了や阪急阪神ホールディングス系の森組との資本・業務提携を手掛かりに498円まで買い進まれ、信用買い残の重みも加わり往って来いとなっている。PERは11倍台となるだけに思惑再燃となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

長谷工 (1808)

ページトップ