きょうの動意株

ゴールドクレは今期も連続最高純益を伸ばし急反発

8871 ゴールドクレスト 株価チャート

 ゴールドクレスト(8871)は、寄り付きの買い気配から500円高の6290円まで買い進まれ急反発している。前日に3月期決算を発表、前期純利益は2期ぶりに過去最高を更新して着地、今期は2ケタ増益の続伸を予想したことが不動産関連の割安株買いを再燃させている。同社の前期業績は、ほぼ期初予想通り前々期比37%増収、57%純益増益、61%純益増益と伸び過去最高を更新した。首都圏人気エリアで大規模・高層マンションの販売が拡大している好環境下、「クレストシティーズタワーズ浦安」(総戸数619戸)、「クラウンガーデン武蔵野」(同375戸)などを引き渡し、不動産管理事業も24%増収となったことが寄与した。今期も、引き続き「クレストシティレジデンス」(同495戸)、「ザ・ミレナリータワーズ」(同756戸)などのタワーマンションの引き渡しを予定し業績を押し上げる。売り上げは865億円(前期比12%減)と伸び悩むが、経常利益は277億円(同21%増)、純利益は155億円(同20%増)と連続して過去最高を更新する。株価は、前々期業績がタワーマンションの端境期で減収減益となった後遺症で株式分割の権利落ち後安値で底固めを続けてきた。業績再飛躍期入りを評価しPER14倍台の割安修正が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

ゴールドク (8871)

ページトップ