きょうの動意株

東海運は2ケタ増益の連続最高益を買い直し高値抜け窺う

9380 東海運 株価チャート

 東海運(9380)は、10円高の530円と反発し5月14日につけた東証1部指定替え後の高値540円を窺っている。同社は、昨年3月に公開価格680円で東証2部に新規上場されたが、公開株式数が690万株と過大でオールドエコノミー業態も嫌われて下方シフト一方で、今年3月1日の1部指定替えでようやく持ち直している。5月14日に発表した今2008年3月期業績が、続伸し連続して過去最高を更新することも後押ししている。好業績京浜港でのコンテナ取扱業務は業界トップクラスを占め、海運業では太平洋セメントグループ向けの製品・原料輸送を担当、台湾・中国向け国際複合輸送でも高実績を誇っていることを背景にしている。とくに複合輸送では、同社は世界60数カ国を網羅するネットワークのタンデム グローバル ロジスティクスの設立に幹事会社として参画、3月にこの重要拠点の1つのオランダに現地法人を設立した。今期純利益は、これに資産売却益が上乗せになり13億4300万円(前期比14%増)と大きく伸びる。株価は、PER11倍台と割安であり、今年8月から単元株式が1000株から100株に引き下げられることもフォローし公開価格クリアへ進もう。

記事中の会社を詳しく見る

東海運 (9380)

ページトップ