きょうの動意株

東京美装はセコムの株式追加取得を受け急続伸

 東京美装興業(9615・東2)は、20円高の800円と急続伸している。前日にセコム(9735)が、同社株式を追加取得して持分法適用会社にすると発表、前回株式取得時の高人気場面を連想する買い物が増勢となっている。セコムは、2005年10月にアーバンコーポレーション(8868)から保有していた同社株式の一部303万株(所有割合19.5%)を取得し第2位株主となった。当時の同社株価は、アーバンに加え旧村上ファンドも株式を取得し思惑が高まり高人気化していた。今回の追加取得は、この株式取得以来続いている業務上の協力関係をさらに強固にし両社のシナジー効果、企業価値を増大することを目的としている。追加取得は、5月31日に116万株を買い増し所有割合は27.07%に高まる、東京美装の属するビルメンテナンス業界は厳しい経営環境が続いており、5月21日には北海道を地盤とするベルックス(4672・JQ)が、MBO(経営陣による株式公開)で非上場化を発表したばかりで、東京美装はより強力なグループへの傘下入りを鮮明化することになる。PER20倍ソコソコ、PBR0.6倍の割り負け訂正が期待される。

ページトップ