きょうの動意株

稲葉製は3Qの大幅増益・高進捗率で業績再増額を先読みし続伸

3421 稲葉製作所 株価チャート

 稲葉製作所(3421)は、40円高の2040円と3営業日続伸し、昨年7月以来の2000円大台での活躍期待を高めている。前週末に発表した今7月期第3四半期(3Q)決算が、大幅増益で着地し通期予想業績に対して高進捗率となったことから、中間期と同様の業績増額を先読みし出遅れ訂正期待買いが増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比4%増収、40%経常増益、30%純益増益と前年同期の2ケタ減益からは大きく増益転換した。今年2月に通常物置の新シリーズ「ネクサス」を全機種で投入するなど販売攻勢を強め、オフィス家具も5%増と堅調に推移したことが寄与した。3Q経常利益は、期初の通期予想に対して87%、純利益は84%の高進捗率となっており、今年3月の1月中間期業績の上方修正と同様に期末に向けての業績再増額思惑を高めている。株価は、中間期業績増額をきっかけに約200円高して2000円台に突っ掛け利益確定売りに押されていた。PERは22倍台と市場平均を上回るが、PBRは1倍ソコソコと出遅れおり、上値評価が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

稲葉製作所 (3421)

ページトップ