きょうの動意株

丸紅はUAEの発電・淡水化事業進出報道を受け高値更新

8002 丸紅 株価チャート

 丸紅(8002)は、寄り付きから買い気配から39円高の932円まで買い上げられて8営業日続伸し6月4日につけた昨年来高値900円を更新している。この日付けの日本経済新聞で報道されたUAE(アラブ首長国連邦)での発電・海水淡水化事業進出が、プラント・素材関連人気増幅の追撃材料となっている。報道では同社は、UAE北東部のフジャイラで天然ガス火力発電所と淡水化設備を複合した施設を建設する。発電能力は、200万キロワットと日本の電子力発電所2基分に相当し、造水能力は、日量59万トンと日本の家庭の生活用水の188万人分をキ供給できる。UAEのアブダビ政府が60%、丸紅と英電力会社インターナショナルパワーが各20%出資して事業会社を設立、今年12月に着工、2010年度の運転開始を目指す。安倍首相の中東訪問時に打ち出した幅広い協力関係の構築に沿うもので、産油国側のインフラ整備に協力するとともに日本の原油輸入先の第2位の同国からのエネルギーの安定調達にも大きな一歩になると評価されている。同社は、海外の発電事業では商社中で最も実績があることが評価され、今回のプロジェクト参加が実現した。株価は、4月24日に発表した今2008年3月期純利益が、市場コンセンサスを上回り2ケタ増益、連続過去最高となることなどから高人気が続いている。投資採算からもPERは11倍台とまだ修正余地があり、先行同業他社へキャッチアップしよう。

記事中の会社を詳しく見る

丸紅 (8002)

ページトップ