きょうの動意株

サムコは2回目の業績上方修正をテコに急反発

6387 サムコ 株価チャート

 サムコ(6387・JQ)は、81円高の1451円と急反発している。前日の今7月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今期通期業績の2回目の上方修正を同時に発表し、前回修正時の株価急伸を連想する割安株買いが触発されている。同社の今期業績は、今年2月に上方修正されているが、その修正値を再増額した。売り上げは2月修正値を1億5000万円、経常利益は8200万円、純利益は4500万円それぞれ上回るもので、純利益は3億9300万円(前期比4倍)と大きく回復する。すでに3Q経常利益、純利益が通期予想を上回っており、台湾向けなどの海外市場にエッチング装置とCVD装置の生産用装置や洗浄装置が好調に伸びたことを要因としている。また、第4四半期の受注も続伸し、今期末受注残は前期末の12億3600万円をさらに上回るとしている。株価は、前回修正時に1577円まで340円高してほぼ往って来いとなっていた。再度PER17倍台の割安修正にマーケットメーク(MM)銘柄人気を高めよう。

記事中の会社を詳しく見る

サムコ (6387)

ページトップ