きょうの動意株

アドウェイズは伊藤忠との業務提携を追撃材料にストップ高

2489 アドウェイズ 株価チャート

 アドウェイズ(2489・M)は、寄り付きから買い先行で始まり2万円高の12万1000円とストップ高し3日続伸している。前日に発表した伊藤忠商事(8001)との業務提携、株式取得が追撃材料となってネット関連人気が拡大している。同社は、アフィリエイト(成功報酬型)広告で、インターネットとモバイル(携帯電話)向けを同時展開する唯一の企業で、業務提携は伊藤忠の国内の幅広いネットワークを活用した大手広告主の獲得や海外ネットワークを活用した広告事業活性化の協業体制を構築することを目指し、世界展開することも視野に入れている。この協力関係を強化するために伊藤忠は、同社第2位株主の中鉢正人氏から1万1600株(出資比率15.0%)を取得する。株価は、前期業績が金融業界やインターネット業界の広告予算削減た広告出稿の見合わせなどで減額修正され、今3月期利益も、収支トントンか5億円の赤字となお水面下予想をしたことから株式分割後安値4万6100円まで急落した。下げ過ぎ訂正で急落幅の半値水準まで戻しているが、今回の提携をテコに業績、株価とも大幅復元期待を高めることになりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

アドウェイ (2489)

ページトップ