きょうの動意株

タカギセイコーは業績増額で直近IPO人気高まり5連騰

4242 タカギセイコー 株価チャート

 タカギセイコー(4242・JQ)は、22円高の592円と変わらずを含み5日続伸となっている。前日の第1四半期決算の開示に合わせて、今9月中間期・3月通期業績の上方修正を発表、減益予想が増益転換するとして直近IPO(新規株式公開)株人気を高めている。同社は、今年6月8日に公開価格600円で新規上場され、619円で初値をつけたあと631円まで買われたが、その後は調整一方で公開価格割れで推移してきた。上方修正は、この上場時の予想を増額したもので、うち通期は売り上げが29億300万円、経常利益が4億5700万円、純利益が3億1600万円各上ぶれ修正され、純利益は11億7400万円(前期比15%増)と増益転換し前期に続く過去最高となる。ホンダ、スズキ向け主力の自動車や携帯電話などの通信機器向けのプラスチック成形部品メーカーとして、国内通信機器向け受注機種や受注数量の伸びにより、海外子会社の車両部品の新機種立ち上げ負担を吸収し増額修正された。株価は、公開価格クリアが至上命題となっており、PER6倍台、PBR0.8倍の割り負け訂正に走ろう。

記事中の会社を詳しく見る

タカギセイ (4242)

ページトップ