きょうの動意株

大真空は1Q94%経常増益で割安株買い再燃し急反発

6962 大真空 株価チャート

 大真空(6962・大1)は、99円高の789円まで買われて5営業日ぶりに急反発し、ストップ高まであと1円と高人気化している。前週末10日発表の今3月期第1四半期(1Q)業績が、経常利益で前年同期比94%増、純利益で2.7倍と高変化して着地したことから、業績上ぶれ期待を高め割安株買いが再燃している。1Qの大幅増益は、AV機器やモバイル機器の小型化や多機能化の進展に伴い、引き続き小型化関連の新製品開発や生産強化を進めたためで、1Q純利益10億2200万円は、すでに中間期純利益の期初予想9億7000万円を上回った。同社は、中間期・通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益を22億円(前期比6%増)としているが、上ぶれ期待につながっている。株価は、前期までの上方修正を含めた好調な業績推移に対して、今期経常利益を11%減益と慎重に予想したことが嫌われ年初来安値668円まで調整、いったん840円まで戻ったものの再度の下値探りが続いた。PERは15倍台、テクニカル的にも25日移動平均線から12%超ものマイナスかい離と下げ過ぎ示唆となっており、リバウンド幅を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

大真空 (6962)

ページトップ