きょうの動意株

藤森工は1Qの62%経常減益業績が響き年初来安値更新

7917 藤森工業 株価チャート

 藤森工業(7917)は、36円安の967円と急反落し8月9日につけた年初来安値978円を更新している。同社株は、前日の全般急落相場のなかで、決算発表を先取りし前々日比32円高まで買われる数少ない逆行高銘柄の1つとなったが、大引け後に発表された今3月期第1四半期(1Q)業績が、大幅減益で着地したことから早くも人気が剥げ売り先行となっている。同社の1Q業績は、前年同期比4%増収、62%経常減益、57%純益増益と増収減益となった。包装部門、機能材料部門で受注を伸ばし増収を確保したが、昭和事業所新設に伴う減価償却費増や前倒しの増員・訓練実施のための人件費負担、材料費上昇のコスト増などから大幅減益となった。中間期・通期業績は、期初予想を据え置き、通期純利益は10億4000万円(前期比7%減)を予想している。株価は、昨年11月の前期中間期業績の増額による1500円台固めから、今年5月の今度は前期業績の減額で1010円まで調整、1000円大台を試していた。PERは16倍台と割安だが、なお強弱感は対立しよう。

記事中の会社を詳しく見る

藤森工 (7917)

ページトップ