きょうの動意株

大和冷は12月通期業績の上方修正も小反落

6459 大和冷機工業 株価チャート

 大和冷機工業(6459)は、8円安の789円と小反落している。前日に2007年6月中間期決算を開示し、8月8日の上方修正通りに着地するとともに、今度は12月通期業績の上方修正を発表も戻り売りに押される動きとなっている。同社の中間期業績は、前年同期比2%減収、10%経常増益、0.9%純益減益となった。主要取引先の外食産業は競争激化、業績低迷と厳しい環境下にあったが、大幅省エネ実現の横型冷蔵庫、縦型冷蔵庫などの新製品拡販を積極化し物流コスト削減など販管費の抑制を続けたことが増額修正値を上ぶれ着地する要因となった。通期業績も、売り上げを期初予想より1億9000万円、経常利益を3億7000万円、純利益を2億7000万円それぞれ引き上げ、純利益は56億4000万円(前期比3%減)と減益率を縮小する。株価は、8日の中間期業績修正時は全般相場の急落が響きタイムラグをもって130円幅の反応をし往って来いとなった。全般相場出直りのなか、PER7倍台の超割安修正に向け前回の反応高を大きく上回る値幅期待が高まっており、押し目は注目されよう。

記事中の会社を詳しく見る

大和冷 (6459)

ページトップ