きょうの動意株

きちりは連続大幅増益を見直し直近IPO人気拡大し続伸

3082 きちり 株価チャート

 きちり(3082・HC)は、5000円高の22万円と4日続伸し、8月21日につけた上場来安値17万5000円からのリバウンド幅を拡大している。前日22日開催の決算説明会で、今6月期も東京・秋葉原などを含め15店の積極出店を進め「外食産業の新スタンダードを目指す」(平川昌紀社長)としたことから、今6月期の2ケタ増収増益業績を見直し直近IPO(新規株式公開)人気が高まっている。同社は、今年7月に公開価格15万2000円で新規上場され、上場2日目に39万円で初値をつけ、45万8000円高値まで買われる高人気となり、その後は地相場を探る調整となっていた。関西を地盤に「モダン和食」を商品コンセプトに高級・中級居酒屋チェーンを直営展開、乗降客3万人の郊外駅前の小商圏でも開店2カ月で黒字化を達成するビジネスモデルを確立、今期積極出店策と高い集客実績を続けている。今期は、前期の10店(退店3店)を上回る15店の出店を計画、売り上げ45億9800万円(前期比31%増)、経常利益2億円(同32%増)、純利益1億1000万円(同38%増)を予想している。株価は、PER15倍台と割安であり、上場人気の再燃も想定範囲内となる。

記事中の会社を詳しく見る

きちり (3082)

ページトップ