きょうの動意株

三幸はMBO価格にサヤ寄せし買い気配アップ

 三幸(4843・JQ)は、寄り付きから買い気配を切り上げ30円高の870円買い気配と急続伸している。売り物はなく約147万株の買い物のみが集まっている。前日に同社の橋本有史社長が代表取締役を兼務しているアッシュ・プランニング(東京都杉並区)が、同社株を株式公開買い付け(MBO)により完全子会社化すると発表、同社も賛同を表明したことからMBO価格1215円にサヤ寄せする動きを強めている。MBOは、競争の激化から請負価格の低下、商権の不安定化の続く同社の属するビルメンテナンス業界で、短期的な業績変動に左右されることなく中長期的な成長を視野に入れた経営戦略を実施するためには、株式の非上場化が望ましいとして決定された。買い付け期間は8月24日から10月9日までの31営業日間、買い付け株式数は176万1700株、買い付け資金21億4046万円を予定、MBO終了後は上場廃止となる。MBO価格は、過去1カ月間の単純平均値に対して40.5%のプレミアムを付加しており、MBO価格をディスカウントしてMBOに失敗したテーオーシー(8841)とは異なる寄り付き状況となっている。

ページトップ