きょうの動意株

田淵電は業績上方修正見直し割安訂正で高値更新

6624 田淵電機 株価チャート

 田淵電機(6624・大2)は、寄り付きの12円安から引き戻し5円高の411円と続伸し8月27日につけた昨年来高値408円を更新している。8月3日に発表した今3月期業績の上方修正以来、全般市場の急落の圏外で逆行高し60円高しているが、なおPERは14倍台と割安であり、TDKとの資本・業務提携もフォローし割安株買いが増勢となっている。同社の今期業績は、第1四半期決算発表の3日に中間期・通期業績とも上方修正され、通期業績は売り上げが期初予想より15億円、経常利益が1億円、純利益が2億円それぞれ引き上げられ、純利益は10億円(前期比52%増)と増益率を拡大する。為替が想定より円安で推移し、デジタルAV機器、アミューズ機器の関連商品の受注が好調に伸びたことが要因で、純利益は遊休不動産売却による特別利益が上乗せになり修正幅を拡大する。株価は、前期業績の期中の2回の上方修正や3月8日払い込みで実施したTDK向け500万株の第3者割当増資(発行価額162円)を材料に100円台の底もみから大きく水準訂正している。PER14倍台の割安修正でなお上値拡大余地は大きい。

記事中の会社を詳しく見る

田淵電 (6624)

ページトップ