きょうの動意株

JSRは自己株式取得と信用好需給を見直し安値から急反発

4185 JSR 株価チャート

 JSR(4185)は、80円高の2550円と急反発し、前日につけた年初来安値2445円から底離れする動きを強めている。8月21日に発表した自己株式の取得が、株不足で逆日歩のつく信用好取組とともに株価押し上げ効果を高めると見直されており、8月21日納入分から実施した合成ゴムの値上げも業績上ぶれ期待を強めている。自己株式取得は、機動的な資本政策を遂行することを目的に実施するもので、上限を200万株(発行済み株式総数の0.78%)、60億円として8月22日から12月28日までの間に市場買い付けする。一方、同社の業績は、前期実績が増収増益、過去最高純益で着地したものの当初予想を下ぶれ、今期予想も市場コンセンサスを下回るとして2000円台央の下値固めに終始、強弱感の対立から売り残が積み上がり株不足、逆日歩がつく展開となった。今期第1四半期業績は、半導体製造用材料や液晶パネル用材料の伸長に為替の円安効果も加わり増収増益となり、価格転嫁のズレていた合成ゴムの第2回目の値上げなどがオンして上ぶれも予想され、売り方の買い戻しを誘う展開も予想される。テクニカル的にも25日移動平均線から12%超のマイナスかい離となっており、下げ過ぎ訂正に進もう。

記事中の会社を詳しく見る

JSR (4185)

ページトップ