きょうの動意株

積水ハは通期売り上げ減額も下げ過ぎ訂正で続伸

1928 積水ハウス 株価チャート

 積水ハウス(1928)は、32円高の1499円と続伸し8月29日につけた年初来安値1426円から出直っている。前日30日に2007年7月中間期決算を発表、減収減益だが期初予想より若干上ぶれて着地、1月通期業績も売り上げを期初予想より下方修正したが、利益は連続の過去最高純益更新を据え置いており、下げ過ぎ訂正の割安株買いが続いている。同社の中間期業績は、前年同期比2%減収、36%経常減益、36%純益減益となった。工業化住宅請負事業では、新製品を投入し営業組織改組による営業力の強化を進め、売り上げは0.1%減、営業利益は5%減にとどめたが、不動産販売事業で前年同期に「赤坂ガーデンシティ」の留保持分を売却して大幅増益となった反動で減収減益となった。1月通期業績は、戸建て住宅の販売が伸び悩むことから、売り上げを期初予想より500億円下回る1兆6700億円(前期比4%増)としたが、利益は「東京ミッドタウン」など利益率の高い開発案件の寄与があるとして据え置き、純利益は655億円(前期比4%増)を見込み連続の過去最高更新となる。株価は、「赤坂ガーデンシティ」の寄与で1Q業績が大幅増益となり、3000万株の自己株式取得も実施したことも加わり上ぶれたが、8月27日の国土交通省から営業停止処分を受けたことから下値を探る展開となっていた。PERは16倍台、テクニカル的にも13週移動平均線から7%超のマイナスかい離となっており、下値抵抗力を強めよう。

記事中の会社を詳しく見る

積ハウス (1928)

ページトップ