きょうの動意株

ビジネス太昭和は急反発、中間業績増額で割安株買い再燃

9658 ビジネスブレイン太田昭和 株価チャート

 ビジネスブレイン太田昭和(9658・JQ)は、38円高の700円まで買い進まれ急反発している。前週末31日に今9月中間期業績の上方修正を発表、同様に前期業績を2回上方修正した今年2月、4月の株価急伸の再現を期待する割安株買いが再燃している。同社の中間期業績は、売り上げが期初予想を8億5000万円、経常利益が2億8000万円、純利益が1億2000万円それぞれ引き上げられ、純利益は2億4000万円(前年同期は2300万円の黒字)と増益率を大幅に伸ばす。内部統制に関するコンサルティングサービス、一括請負のシステム開発が、期初予想を上回り、増収に伴う売上総利益の増加、研究開発費・教育訓練費などの販管費の支出が減少したことが上方修正要因となった。通期業績は、期初予想を据え置き、純利益は5億1000万円(前期比17%減)を見込んでいる。株価は、2月、4月の業績増額時には敏感に反応し4月には年初来高値730円まで買われ、今期純利益の減益予想で650円安値まで調整した。PERは11倍台と割安であり、年初来高値730円奪回に勢いをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

ビジ太昭 (9658)

ページトップ