きょうの動意株

エステーは自己株式TOBバネに「第2の創業」買い直し急続伸

4951 エステー 株価チャート

 エステー(4951)は、60円高の1500円と急続伸し逆行高している。前週末7日に自己株式取得を株式公開買い付け(TOB)により実施すると発表、需給好転期待から商号を「エステー化学」から「エステー」に変更して推進している「第2の創業」を買い直す動きを増幅している。自己株式の取得は機動的な資本政策の遂行、資本効率の改善、株主への利益還元を目的に実施するもので、400万株(発行済み株式総数の13.56%)を60億円で買い付ける。TOBは、買い付け価格を1490円、買い付け期間を9月10日から10月10日までの20営業日、買い付け資金を59億8350万円として実施する。同社の株価は、今年1月に天候不順を要因に前3月期業績を下方修正して以来、調整トレンドが続き、今期業績も、競争激化や原材料価格の上昇、さらに商号変更費用負担などから減収減益を予想し8月安値1360円まで突っ込んだ。商号変更は、さらにグローバル展開などを加速する「第2の創業」を象徴するもので、増収増益で着地した第1四半期業績もこの裏付けとなる。株価は、PERでは割高だが、信用取組が株不足で逆日歩がついており、自己株式TOBと相乗する需給好転をバネに安値圏脱出が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

エステー (4951)

ページトップ