きょうの動意株

大和ハウスは反発、1Q大幅増益を見直し低PER買い

1925 大和ハウス工業 株価チャート

 大和ハウス工業(1925)は、25円高の1418円と反発し、9月10日につけた年初来安値1370円から底離する動きを強めている。8月10日に発表した今3月期第1四半期(1Q)業績で、純利益が前年同期比9.6倍と大きく伸びたこと見直し低PER株買いが再燃しており、下げを主導した外国人投資家の売りも一巡した需給好転も背景となっている。同社の1Q業績は、戸建住宅「?Ievo(シーヴォ)」ブランドに既存の戸建住宅主力商品を統合し、新たに主力3製品を発売、ブランド力を強化したことに加え、商業・物流施設の建設受注なども伸びていることが寄与している。受注は6%増、受注残高は3%増の5580億円となった。中間期・通期業績は、期初予想を据え置き純利益は580億円(前期比25%増)と連続過去最高を見込んでいる。株価は、今期純利益予想が市場コンセンサスを約14億円下回るとして調整が先行、下値で信用買い残がやや積み上がったことも響き、1370円安値まで突っ込んだ。PERは14倍台と下げ過ぎておりリバウンド余地を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

ハウス (1925)

ページトップ