きょうの動意株

極東貿は減益率縮小の業績増額が割安株買いを刺激し反発

8093 極東貿易 株価チャート

 極東貿易(8093)は、5円高の332円と反発している。前日25日に発表した今9月中間期・3月通期業績の上方修正が、期初予想の減益率が縮小するとして低位値ごろの割安株再燃を刺激している。上方修正のうち3月通期業績は、売り上げについては期初予想を据え置いたが、経常利益は1億円、純利益は1億2000万円それぞれ引き上げ、純利益は8億円(前期比18%減)と減益率を縮小する。中間期業績は、製鉄会社向け重電設備と航空機関連機器が、客先都合により納入時期が早まり大きく上方修正されたが、通期業績もこれに加え中国での自動車メーカー向けコーティング材の好調推移や、資源開発関連機器などの追加売り上げなどを見込み上方修正された。同社は、前期も中間期業績を期中に2回、通期業績を2回の合計4回上方修正しそのたびに株価も敏感に反応している。とくに今年2月の通期業績増額では、年初来高値449円まで急伸した。PER11倍台、PBR0.4倍、配当利回り2.2%の割安訂正で底上げが続こう。

記事中の会社を詳しく見る

極東貿 (8093)

ページトップ