きょうの動意株

北興化はIPO子会社の株式売却益テコに純益を再増額し急続伸

4992 北興化学工業 株価チャート

 北興化学工業(4992)は、14円高の450円と急続伸している。10月5日にジャスダック証券取引所に新規上場(IPO)される子会社の野村マイクロ・サイエンス(6254・JQ)の公開価格が前日に1800円と決定、上場に伴い実施する保有株の株式売り出しで、4億8700万円の売却益が発生するとして今11月期純利益の2回目の上方修正を発表したことが低位値ごろ株思惑を高めている。同社は、今年7月2日に2007年5月中間期業績を上方修正するとともに、中間期決算発表時の7月17日には今度は今11月通期業績の上方修正に踏み切っている。農薬以外のケミカル製品の電子材料関連原料、樹脂添加剤、防汚剤などの需要増加が業績を押し上げたものだが、今回はそのうち純利益が再増額された。5億2000万円が、8億1000万円(前期は5億4000万円の赤字)へ引き上げられ黒字転換幅を拡大する。株価は、前々回業績修正時には年初来高値497円まで80円高の短期急騰を演じており、PER16倍台の割安訂正からも子会社の上場に向けて再現期待が高まる。

記事中の会社を詳しく見る

北興化 (4992)

ページトップ