きょうの動意株

メディア工房はストップ高気配、今度は業績を上方修正

3815 メディア工房 株価チャート

 メディア工房(3815・M)は、寄り付きから買い気配を切り上げ4000円高の4万8600円とストップ高し6営業日続伸となっている。9月18日につけた上場来安値2万2200円からは大幅リバウンドである。同社は、今年3月に2007年2月中間期業績、7月に8月通期業績を各下方修正し、株価は昨年9月の新規上場以来の調整トレンドを余儀なくされていたが、前日に今度は小幅ながら8月通期業績を上方修正したことが携帯電話関連のコンテンツ株人気を増幅している。同社の8月期業績は、売り上げが7月の下方修正値を3900万円、経常利益が2500万円、純利益が1100万円それぞれ上回り、純利益は3300万円(前期比72%減)と減益率を若干縮小する。同社は風水、タロット占いなどのデジタルコンテンツをウェブサイト向けなどに提供しており、携帯電話向けのコンテンツ売り上げや子会社売り上げが伸びたことから上方修正をした。株価は、公開価格13万5000円で新規上場され、上場人気で22万9000円高値まで買い進まれたものの、高値の10分の1まで調整するなど人気離散となっている。この底値から新興市場のネット関連人気に乗り急反発しており、上場時人気の再燃思惑を刺激しよう。

記事中の会社を詳しく見る

メディア工 (3815)

ページトップ