きょうの動意株

新規上場のアールエイジは大量の買い物を集め買い気配アップ

3248 アールエイジ 株価チャート

 アールエイジ(3248・M)が、東証マザーズに新規上場された。公開価格は7万円、公開株式数は2500株となっている。寄り付きから買い気配を切り上げ9時40分現在、公開価格を1万4000円上回る8万4000円買い気配で売り買い差し引き1万3050株と公開株式数を大きく上回る買い物を集めている。8月末、9月と不振を極めたIPO(新規株式公開)市場も、このところソニーフィナンシャルホールディングス(8729)の超大型上場も無事に乗り切り、3銘柄連続で初値が公開価格を上回るなど急速に持ち直しており、同社の公開価格が仮条件の下限で決まったマイナス材料も、資金吸収額がわずか1億7500万円で公開価格のPERが3倍台にとどまることで押し返し買い評価されている。同社は、賃貸マンションや駐車場の管理受託を主力事業としており、1棟売りの投資用マンションの自社開発や仲介事業も手掛けている。管理受託総室数は4061室に達し、駐車場管理受託数も3295区画となっている。今2007年10月期業績は、売り上げ40億3800万円(前期比8%増)、経常利益4億3700万円(同38%増)、純利益2億5200万円(同46%増)、1株利益1万7853円を予想している。

記事中の会社を詳しく見る

アルエイジ (3248)

ページトップ