きょうの動意株

イハラケミカルは今度は通期業績を上方修正し急続伸

 イハラケミカル工業(4989)は、37円高の344円と急続伸している。前日15日に今年6月の中間期業績の上方修正に続き、今度は今10月通期業績の上方修正を発表、前回修正時に年初来高値393円まで買い進まれたことを連想し買い先行となっている。同社の10月期業績は、売り上げは期初予想を据え置いたが、経常利益は6億5000万円、純利益は4億5000万円それぞれ引き上げ、純利益は8億5000万円(前期比29%減)と減益率を縮小する。高利益品目の販売が好調に推移する一方、低利益品目の販売が減少して全体の利益率が改善されたほか、経費削減努力や試験研究費が一部来期繰り越しとなったことが寄与し減益率縮小につながった。株価は、中間期業績増額時の高株価から、9月に発表した第3四半期決算が減益となったことから再び300円台を試す往って来いとなった。PERは16倍台と割り負けており底値買い妙味を拡大する。

ページトップ