きょうの動意株

愛知鋼は増益転換の中間業績増額を受け急反発

5482 愛知製鋼 株価チャート

 愛知製鋼(5482)は、寄り付き買い気配から41円高の675円まで買い上げられ5営業日ぶりに急反発している。前日17日に今200年9月中間期業績の上方修正を発表、期初の減益予想が増益にプラス転換することが値ごろ妙味を高め買い評価されている。同社の中間期業績は、売り上げを期初予想の据え置きとしたが、経常利益を15億円、純利益を12億円それぞれ引き上げ、純利益は32億円(前年同期比0.2%増)とわずかながら増益転換する。トヨタ自動車系の特殊鋼大手として、自動車向け鋼材の販売数量増加に加え、とくに昨年稼働を開始した新工場の投資効果などにより原価低減が進み上方修正につながった。3月通期業績は今後、原材料価格が期初の想定を超える水準で推移することも予想されるなど先行き不透明として、期初予想を据え置いた。同社の業績は、ニッケル、鉄スクラップなどの原材料価格高騰に直撃され増収・大幅減益で推移してきており、株価も2006年2月の上場来高値1320円から今年8月に555円まで大幅調整となった。久々の上方修正、増益転換であり、PERはやや割高だが、PBRでは1倍ソコソコとなっているトヨタ系の出遅れ株として割り負け訂正に動こう。

記事中の会社を詳しく見る

愛知鋼 (5482)

ページトップ