きょうの動意株

日立物は業績上方修正が出遅れ株買いを誘い急反発

9086 日立物流 株価チャート

 日立物流(9086)は、寄り付きの買い気配から84円高の1337円まで買い上げられ3営業日ぶりに急反発している。10月26日の2007年9月中間期決算の発表に先立ち、前日22日にその中間期・3月通期業績を上方修正、割り負け訂正期待を高め買い増勢となっている。上方修正のうち3月通期業績は、売り上げが期初予想を30億円、経常利益が3億円、純利益が1億円それぞれアップされ、純利益は74億円(前期比9%増)と増益率を拡大する。北米のテレビ関連事業の取扱物量減少の影響が懸念されるものの、システム物流事業の拡大継続、作業生産性向上などが寄与して上方修正につながる。株価は、8月の年初来安値1161円から今期第1四半期業績の2ケタ増収益見直しや中間期・期末配当増配などが加わり200円幅の反発を演じた。PER19倍台と市場平均を上回るが、PBRは1倍ソコソコと出遅れており、3月の年初来高値1467円を上値ターゲットにリバウンド幅を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日立物流 (9086)

ページトップ