きょうの動意株

大塚商は3回目の業績上方修正を好感し急反発

4768 大塚商会 株価チャート

 大塚商会(4768)は、260円高の1万1080円と急反発している。前日24日の今12月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今期通期業績の3回目の上方修正を発表、前回同様に好感する買い物が集まっている。同社の3Q業績は、前年同期比7%増収、15%経常増益、21%純益増益と伸び、前回8月再増額値に対して純利益は81%の高進捗率となった。システムインテグレーション事業では複写機、コンピュータ、FAX、電話機、回線などを組み合わせた複合システム提案を進め、オフィスサプライ通信販売「たのめーる」、サポート事業「たよれーる」のストック型事業を強化したことなどが寄与した。12月通期業績は、売り上げを8月予想より14億円、経常利益を6億3000万円、純利益を4億2000万円それぞれ引き上げ、純利益は176億6000万円(前期比13%増)と前期の過去最高を大きく更新する。株価は、業績増額のたびに1万円台下位から上値を伸ばしており、株不足で逆日歩のつく信用好需給もフォローし1万2000円台のボックス上値の奪回も有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

大塚商会 (4768)

ページトップ