きょうの動意株

FCCは今度は通期業績増額も利益確定売りで続落

7296 エフ・シー・シー 株価チャート

 エフ・シー・シー(FCC、7296)は、60円安の1900円と3日続落となっている。ただ安値後は下げ渋りの動きとなっている。同社は、10月16日に2007年9月中間期業績を上方修正し株価が2055円まで130円高しており、前日25日にその中間期決算とともに今度は3月通期業績の上方修正を発表したが、引き続き利益確定売りに押されている。同社の中間期業績は、上方修正通りに前年同期比11%増収、12%経常増益、73%純益減益で着地した。二輪車クラッチ部門はインド、ブラジルの二輪車需要の拡大やベトナム子会社の量産寄与、四輪車クラッチ部門は、ホンダ向け輸出用オートマチック車用クラッチが堅調に推移し、為替の円安影響も加わり大幅増益となった。純利益は、今年6月の移転価格税制に基づく更正通知受領により税金費用が膨らみ減益となった。3月通期業績は、売り上げが6月予想と横並びとしたが、経常利益は1億円、純利益は2億円ぞれぞれ上乗せし、純利益は57億円(前期比32%減)と減益率をわずかながら縮小する。株価は、PERが18倍台と市場平均並みだが、信用取組が株不足となっている好需給が主導し目先調整一巡後の出直りに進もう。

記事中の会社を詳しく見る

FCC (7296)

ページトップ