きょうの動意株

ブラザーは4連騰、業績を再上方修正し増配

6448 ブラザー工業 株価チャート

 ブラザー工業(6448)は、171円高の1741円と4日続伸している。前日1日に2007年9月中間期決算とともに、今3月通期業績の上方修正と中間期・期末配当の増配を発表、減益率を縮小し市場コンセンサスに近付くことにポジティブに反応している。同社は、第1四半期決算発表の今年8月に業績を修正しているが、この時は増額・減額が交錯し、株価は窓を開けて年初来安値1228円まで急落した。今回は、利益がすべて上方修正となっており、減益率を縮小させる。売り上げは8月修正値と横並びとしたが、経常利益は20億円、純利益は10億円上回り、純利益は250億円(前期比13%減)と予想している。為替レートが、対ドルでは前期並みの1ドル=117円としているが、ユーロは前期の1ユーロ=150円から161円を見込んで為替がプラスに影響するほか、通信・プリンティング機器が堅調に推移することが寄与する。利益水準そのものは、営業外の為替差損、税効果会計による法人税等調整額の増加で減益となる。配当は、中間期・期末とも期初予想の10円から11円に引き上げ、年間22円(前期実績20円)に増配する。株価は、7月の上場来高値1898円からの調整幅の半値戻しを達成したところである。PERは市場平均並みだが、逆日歩のつく信用好需給もサポートし全値戻し指向を強めよう。

記事中の会社を詳しく見る

ブラザー工 (6448)

ページトップ