きょうの動意株

日鉄鉱は業績上方修正で割安株買い再燃し逆行高

1515 日鉄鉱業 株価チャート

 日鉄鉱業(1515)は、10円高の880円と反発している。前日7日に11月14日予定の決算発表に先立って、今2007年9月中間期・3月通期業績を上方修正、期初予想の減益率を縮小することが資源関連の割安株買いを再燃させている。上方修正のうち3月通期業績は、売り上げが期初予想より140億円、経常利益が20億円、純利益が3億円それぞれ引き上げられ、純利益は45億円(前期比21%減)と減益率を縮小する。銅価格が、第1四半期に比べて高水準を維持して金属事業が増収増益になると見込まれ、上方修正に踏み切った。同社は石灰石主力の総合鉱山会社で、前期も再三の業績上方修正に鉄鋼関連株人気が波及し、株価は1000円大台での活躍が続いたが、今期の減益転換予想もあり調整局面入りとなった。8月の年初来安値811円からは第1四半期業績の2ケタ増益・高進捗率を反映して持ち直す動きとなっており、業績増額を追撃材料にPER16倍台、PBR0.7倍の一段の割り負け訂正に進もう。

記事中の会社を詳しく見る

日鉄鉱 (1515)

ページトップ