きょうの動意株

ダイキンは業績再上方修正に増配オンして最高値更新

6367 ダイキン工業 株価チャート

 ダイキン工業(6367)は、310円高の6010円と3営業日続伸し、10月15日につけた上場来高値5980円を一気に更新している。前日14日に2007年9月中間期決算を発表、第1四半期決算公表時の上方修正値を上回って着地するとともに、3月通期業績を再上方修正、とくに前期据え置きとした純利益が市場コンセンサスを上回ったことが好感され買い増勢となっている。同社の中間期業績は、前年同期比48%増収、83%経常増益、2.0倍純益増益と大きく伸びた。海外の空調機器事業が欧州向けで78%増、中国などアジア市場向けで74%増、米国向けで3.1倍増などと伸びて国内の伸び悩みを補い為替レートも円安で推移したことなどが寄与した。3月通期業績は、売り上げを8月修正値より100億円、経常利益を120億円、純利益を220億円それぞれ引き上げ、純利益は730億円(前期比60%増)と連続過去最高となり、市場コンセンサス平均663億円を上回る。未定としていた配当は、中間期・期末とも各19円の年間38円(前期実績28円)に増配する。株価は、前回の業績増額をきっかけに上場来高値5980円まで買い進まれ、スピード調整場面となっていた。株不足で逆日歩もつく好信用需給もフォローし青空相場展開に弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

ダイキン工 (6367)

ページトップ