きょうの動意株

佐世保は大幅増収増益業績を買い直し3連騰

 佐世保重工業(7007)は、21円高の746円と3日続伸している。同社株は、10月31日に2007年9月中間期・3月通期業績の上方修正を発表したが、造船株全般がプラント事業の採算悪化、赤字転落などで急落する相場環境下で反応がなく下値模索となっていた。前日14日にその中間期決算を発表、上方修正通りに着地したことから改めて買い直す動きを誘発している。同社の中間期業績は、前年同期比27%増収、9.8倍経常増益、2.5倍純益増益で着地した。不定期船海運市況の高騰に伴い18万重量トンバルクキャリアー5隻を受注するなど新造船受注を伸ばし、建造船価の改善、修理工事の増加にコストダウンの推進などが加わり鋼材価格の上昇などを吸収し大幅増収益業績につなげた。今3月期通期業績は、前回増額値を据え置いたが増収増益を予想、純利益は52億円(前期比97%増)と増益率を伸ばす。株価は、今期第1四半期の大幅増益業績と150万株、10億5000万円を上限とする自己株式取得で881円高値まで人気化したあと200円幅超の短期急落となった。再度の急伸思惑も高まろう。

ページトップ