きょうの動意株

コーナン商事は4期ぶり最高経常益の評価続き高値窺う

7516 コーナン商事 株価チャート

 コーナン商事(7516)は、21円高の1821円と続伸し10月31日につけた年初来高値1864円を窺っている。10月4日に発表した2007年8月中間期・2月通期業績の上方修正で、経常利益が4期ぶりに過去最高を更新することを受け、割安株買いが続いているもので、信用取組が株不足となっている好需給も側面支援材料視されている。同社の2007年8月中間期業績は、上方修正通りに前年同期比2%増収、2.6倍経常増益と高変化し、純利益は13億4000万円(前年同期は30億100万円の赤字)と黒字転換した。夏場の天候不順をホームセンターなど7店の新規出店や前期出店の16店舗のフル稼働でカバー、経費削減やデリバティブ評価損の一巡などが重なり大幅増益を達成、純利益は元役員の不正事件処理損失や減損損失、店舗閉鎖損失を吸収して黒字転換する。今2月通期業績も、4日の上方修正通り通期12店舗の新規出店や粗利率の改善、経費削減効果で経常利益は80億円(前期比2.2倍)と4期ぶりに過去最高を更新、純利益は30億円(前期は3億2600万円の黒字)と伸びる。株価は、10月の上方修正以来すでに350円高い水準にいるが、なおPER16倍台と市場平均を下回り割安修正余地は大きい。

記事中の会社を詳しく見る

コナン商 (7516)

ページトップ