きょうの動意株

ファルコは自己株式取得見直し下げ過ぎ訂正期待で小反発

4671 ファルコホールディングス 株価チャート

 ファルコバイオシステムズ(4671)は、8円高の813円と小反発し11月20日につけた年初来安値793円水準で下値抵抗力を発揮している。メタボリック関連人気の一巡、前9月期業績下ぶれ着地、今期業績の伸び悩予想から値幅調整先行となったが、自己株式取得を見直し下げ過ぎ訂正期待の打診買いが入ってきている。同社の今9月期業績は、売り上げ366億円(前期比4%増)、経常利益13億5000万円(同0.7%増)、純利益6億5000万円(同6%減)と予想されている。臨床検査事業では営業所・ラボラトリー開設や西日本、山陰、九州の子会社の吸収合併で新規顧客開拓や大型病院の受託を増加させ、調剤薬局事業でも採算重視のフランチャイズ化、店舗運営を進めるが、来春予定の診療報酬の改定や新規事業の先行投資負担などから慎重に前期比横ばいを予想している。株価は、まずこの業績伸び悩みを織り込み安値更新となったが、20万株(発行済み株式総数の2.0%)、2億5000万円を上限とする自己株式取得を見直し下げ過ぎ訂正期待が高まってきた。PERは15倍台、PBRは0.8倍、配当利回りは2.4%とバリュー的にも割り負けており、ディフェンシブ株人気の再燃資格は十分となる。

記事中の会社を詳しく見る

ファルコH (4671)

ページトップ