きょうの動意株

東テクは株式分割、実質増配で割安株買い再燃し急反発

9960 東テク 株価チャート

 東テク(9960・JQ)は、70円高の8255円と急反発し11月20日につけた年初来安値700円から急出直りとなっている。同社株は、10月26日の2007年9月中間期業績の下方修正が響き200円幅の急落となったが、前週末30日に発表した株式分割と実質増配が巻き返し材料となり割安株買いが再燃している。株式分割は、1株当たりの投資金額を引き下げることにより株式流動性を高め投資家層の拡大を図ることも目的に実施するもので、来年1月31日割り当てで1株を2株に分割する。株式分割に伴い今3月期期末配当は期初予想の15円を10円とするが、分割を勘案すると実質で5円の増配となる。株価は、今年7月に今期純利益を上方修正し年初来高値1162円まで急伸したが、10月に今度は中間期業績を下方修正し年初来安値700円まで急伸幅を上回る急落となった。中間期業績は、下方修正値より上ぶれて着地し、3月通期業績は7月増額値を据え置いて純利益は9億6000万円(前期比11%増)と連続過去最高を予想しているだけに、投資採算的にもPER5倍台、PBR0.5倍と割り負けている。なお大幅リバウンドが有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

東テク (9960)

ページトップ