きょうの動意株

バリオセキュアは4連騰、業績上方修正でネット株人気拡大

 バリオセキュア・ネットワークス(3809・HC)は、8000円高の13万7000円と4営業日続伸となっている。前日26日に発表した2007年11月中間期・5月通期業績の上方修正が、インターネット関連株人気を拡大させている。上方修正のうち5月通期業績は、売り上げ、経常利益が期初予想を4000万円、純利益が2400万円それぞれ上回り、純利益は2億5200万円(前期比25%増)と前期の過去最高を大きく更新する。中間期に通信事業者向けOEM販売を中心にセキュリティーサービスが順調に売り上げを伸ばし、利益面では採用難による採用教育費の減少、広告宣伝費の見直しなどの経費圧縮が重なり、下期のサポート体制強化の投資費用をカバーして上方修正につながった。株価は、9月の株式分割権利落ち後安値9万3100円から今期第1四半期の大幅増益着地や増配を材料に底上げとなった。前期も期中の2回の上方修正をテコに上値を追っており、再現が有力視される。

ページトップ