きょうの動意株

ノダは業績再減額・赤字拡大に減配加わり連日の安値

7879 ノダ 株価チャート

 ノダ(7879・東2)は、17円安の283円と変わらずを含め8営業日続落し連日の年初来安値更新となっている。前日27日に今年10月に続き2007年11月期業績の2回目の下方修正と赤字拡大、さらに期末配当の減配を発表、嫌気売りされている。同社の11月期業績は、売り上げは10月修正値を2億円上回るが、経常利益は5000万円下回り14億5000万円の赤字(前期は6億9300万円の赤字)と悪化、純利益は据え置きの1億円の赤字(同1億2500万円の赤字)とした。6月施行の改正建築基準法の影響で建築確認申請が遅れ、建材需要が落ち込んでおり、純利益は子会社の繰延税金試算取崩で据え置きとなる。期末配当は、今後も厳しい事業環境が予想されることから、従来予想の6円を3円に引き下げ、中間期配当4円と合わせて年間7円(前期実績12円)に減配する。株価は、4月の年初来高値547円から調整一方で、2002年12月につけた上場来安値280円寸前まで突っ込んでいる。最安値を試す展開が長引きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ノダ (7879)

ページトップ