きょうの動意株

三菱マは金価格の高水準推移を手掛かりに安値から反発

5711 三菱マテリアル 株価チャート

 三菱マテリアル(5711)は、7円高の416円と5営業日ぶりに反発し前日ザラ場につけた昨年来安値404円から出直る動きを強めている。16日の米国市場で、金先物価格が一時史上最高値更新となったことなどを買い手掛かりに関連の思惑買いが集まっている。同社は、金の採鉱、精錬、加工、小売りまで手掛け、2月1日から開発した3グラム純金表彰状を発売することなども見直し買いに一役かっている。業績も好調で、今3月期は昨年7月、9月と相次いで上方修正された。銅・金価格の高水準推移やシリコン関連事業などの電子材料事業の好調推移などが寄与したもので、通期純利益は600億円(前期比15%減)と前期の過去最高からの減益率を縮小、配当は8円(前期実績6円)に増配する。株価は、7月高値の絶対期日が到来しているが、信用買い残は逆に積み上がり上値を重くしている。ただPERは9倍台、25日移動平均線から10%超のマイナスかい離と下げ過ぎ示唆となっており、戻りを試す展開が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

三菱マ (5711)

ページトップ