きょうの動意株

北興化は前期上ぶれ着地も今期大幅減益予想で安値更新

4992 北興化学工業 株価チャート

 北興化学工業(4992)は、32円安の291円と急反落し、連日の昨年来安値更新となっている。前日17日に11月期決算を発表、前期は昨年12月の3回目の上方修正値を上ぶれて大幅増益で着地したが、今期を大幅減益と予想したことが嫌われ売り先行となっている。同社の今11月期業績は、売り上げ457億円(前期比0.1%)、経常利益3億5000万円(同41%減)、純利益2億円(同74%減)と予想された。前期は、水稲用除草剤や東南アジア、中南米向け殺菌剤販売が拡大したが、今期は農薬製品の売り上げ増が難しく、農薬以外のファインケミカル製品も伸び悩み、利益面では設備・開発投資の先行費用の増加や触媒素材のマグネシウムや原油、錫、レアメタルなどの原材料高騰が続くことから保守的に予想している。株価は、昨年12月の業績再々増額で380円高値まで10%超の急伸となったが往って来いとなっている。この日の急落で配当利回りは、10円配当継続で3.3%となり、強弱感の対立するなか底値確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

北興化 (4992)

ページトップ