きょうの動意株

カゴメは安値更新、3Q業績は3月通期業績を上回る

2811 カゴメ 株価チャート

 カゴメ(2811)は、18円安の1504円と3営業日続落し、1月17日につけた昨年来安値1511円を更新している。前日21日に今3月期第3四半期(3Q)決算を発表、利益が2ケタ増益で着地する一方、3月通期予想業績を100%以上上回ったが、8月9につけた上場来高値2095円の信用期日接近に伴う損失確定売りなどから売り先行となっている。同社の3Q業績は、前年同期比9%増収、12%経常増益、13%純益増益となり、利益はすでに通期予想の経常利益90億円(前期比8%増)を8億6300万円、純利益は47億円(同15%増)を8億2300万円それぞれ上回った。春の天候不順、夏の高温による生鮮野菜の価格高騰を背景に野菜飲料の需要が増加する追い風が吹き、昨年3月発売の「野菜生活100黄の野菜」などの売り上げが拡大、たな卸資産廃棄損が増加したが菜園の収益改善が寄与し2ケタ増益・高進捗率につながった。株価は、昨年2月のアサヒビールとの業務・資本提携に好調な業績推移が加わり、8月に上場来高値まで買われほぼ往って来いとなっている。PER、PBRはやや割高だが、13週移動平均線からは8%超のマイナスかい離と下げ過ぎとなっており、株不足で逆日歩のつく信用好需給もフォローし戻りを試すこともあろう。

記事中の会社を詳しく見る

カゴメ (2811)

ページトップ