きょうの動意株

マキタは業績再々増額で最高純益を大幅更新し続急伸

6586 マキタ 株価チャート

 マキタ(6586)は、280円高の4220円と続急伸している。前日31日に今3月期第3四半期(3Q)決算とともに、今期通期業績の3回目の上方修正を発表、2期ぶりの過去最高純益更新の更新幅を拡大することが再び割安株買いを増幅している。同社の今期業績は、決算発表のたびごとに昨年7月、10月と上方修正された。この10月修正値を今回、さらに上方修正したもので、売り上げは80億円、税引前純利益は35億円、純利益は24億円それぞれ引き上げられ、純利益は452億円(前期比22%増)と増益転換幅を拡大し2006年3月期の過去最高を大幅に更新する。3Q業績が、国内では昨年5月に連結子会社化したマキタ沼津(旧富士ロビン)のエンジン式園芸工具関連の上乗せやリチウムイオンバッテリ工具の堅調販売、北米ではクリスマス商戦向けのリチウムイオンバッテリ工具の好調な販売、中近東・中南米・アフリカ地域での大幅増などを背景に2ケタ増収増益と伸びており、再々上方修正につながった。株価は、相次ぐ業績増額で昨年11月に上場来高値5920円まで買い進まれ、米国のサブプライムローン問題の波及懸念から2000円幅の急落となった。PER13倍台の割安修正からリバウンドに弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

マキタ (6586)

ページトップ