きょうの動意株

ジャステックは連続最高純益を見直し下げ訂正で続伸

9717 ジャステック 株価チャート

 ジャステック(9717)は、10円高の794円と続伸し、1月22日につけた上場来安値681円からの底離れを窺っている。1月10日に11月期決算を発表、前期が期中の下方修正値を上ぶれて着地、今期も小幅ながら純利益が連続して過去最高を更新することを買い手掛かりに下げ過ぎ訂正期待の下値買いが続いている。同社の前期業績は、中間期決算発表時の下方修正値を上回り前々期比7%増収、35%経常増益、40%純益増益となった。ソフトウェア開発事業で、財務体質を改善した金融・保険業の積極的な情報化投資が続き、なかでも不払い問題に対応して情報システムを強化している保険会社向けが伸び、不動産ファンドの償還により投資有価証券投資利益が大幅増加が大幅に増加し増益率を拡大した。今期も、企業業績続伸による情報化投資の拡大を前提に、売り上げ150億1000万円(前期比5%増)を予想、経常利益は不動産ファンド関連利益一巡で22億2000万円(同3%減)となるが、純利益は、海外子会社の営業損失減少による利益率・実効税率改善効果から11億8400万円(同3%増)と前期に続く過去最高更新を見込んでいる。株価は、上場来安値水準でPERは12倍台、PBRは0.9倍、配当利回りは3.7%の実態面や13週移動線から18%超のマイナスかい離のテクニカル面からも下げ過ぎ示唆となっている。底値買い妙味が膨らむ。

記事中の会社を詳しく見る

ジャステク (9717)

ページトップ