きょうの動意株

三井造は3Q大幅増益業績をテコに下げ過ぎ訂正で続伸

7003 三井造船 株価チャート

 三井造船(7003)は、3円高の357円と続伸し、1月22日につけた昨年来安値307円からリバウンド幅を拡大している。前日4日に今3月期第3四半期(3Q)決算を発表、営業利益、経常利益が大幅増益で着地したことから下げ過ぎ訂正期待の買い物が増勢となっている。昨年8月の昨年来高値737円の高値期日がほぼ一巡する需給好転も、押し上げ効果を発揮している。同社の3Q業績は、前年同期比3%増収、2.4倍営業増益、2.7倍経常増益、31%純益減益で着地した。建造船価の回復している船舶部門や市況活況を享受している機械部門が営業利益を伸ばし、円安効果、増産による量産効果、コストダウンなどが重なり大幅増益となった。純利益は、前期計上の関係会社売却益が一巡し減益となった。3月通期業績は、第1四半期決算発表時の昨年7月の上方修正値を据え置き、純利益は130億円(前期比33%減)を見込んでいる。株価は、業績増額、プラント・造船株人気でつけた昨年8月高値から大きく調整、13週移動平均線から21%超のマイナスかい離と下げ過ぎ示唆となっている。6カ月期日通過から上値圧迫も後退し一段の戻りを窺う展開が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

三井造 (7003)

ページトップ